トップページコスメ・化粧品アイテム一覧覧海外コスメブランド一覧香り一覧新入荷コスメお得なコスメコスメ特集掲載誌ブログ
> TOP > ブログ

2010年11月24日

インディアン リザベーション(居留地)

こんにちは!マキです!


前にもお話しましたが、私は周囲に何もない広大な大自然の中で暮らすことにまったく抵抗がない・・・
というよりむしろ憧れもあるくらいなんですが・・・

前回のブログに書かせてもらったwarm springs などは実はインディアンリザベーションなので、インディアンでもなくインディアンと結婚しているわけでもない私には残念ながら住むことは不可能なんです。


ご承知のとおり、アメリカはその昔、クリストファーコロンバスによって発見されて開拓を進められた国ですが、もともとは原住民のインディアンが住んでいた国です。

原住民と新しい人々の間で結ばれた条約の中で土地の振り分けがあったようで現在もそれが有効なんです。

その原住民が与えられた土地がインディアンリザベーションと呼ばれています。


インディアンリザベーションに住むインディアンには自治権があります。
例えば、オレゴン州ではレストランやバーなど建物の中では喫煙は禁止されていますが、インディアンリザベーションにあるカジノなどでは喫煙OKなんです。


同じ国内で法律が違うというのは不思議です。

私たちは普通にインディアンと呼びますが、アメリカではネイティブアメリカンと呼ばれます。


インディアンという呼び名は少し人種差別的に聞こえるというのが一つの理由だそうで、黒人さんのことをブラックと呼ばずにアフリカンアメリカンと呼ぶのと同じですね。

投稿者 midori 15:03

2010年11月17日

セントラルオレゴン

こんにちは!マキです!

前回ご紹介したwarm springsはセントラルオレゴンに位置しています。

オレゴン州はとても不思議なところだなぁと実感させられるのは、山あり、海あり、砂漠ありというところです。

それに気候もそれぞれまったく違うんです。

私たちが住んでいる、言ってみれば都市では一年の降水量が多く常に曇っていて太陽を拝めるのは夏の短い期間だけですが、砂漠地帯に行けば雨が降ることはほとんどなく太陽を存分に浴びることができます。

ただ、昼と夜の気温差が極端に大きいんですが・・・

Warm springsに向かうドライブ中、お店など建物がなんにもない広大な土地に山が遠くに見えるゴージャスな大自然を堪能していた私に旦那が「こんな何にもないところに住める?」と聞いてきました。

田舎育ちで田舎が落ち着く私は「もちろん!」と即答しましたが、うちの息子は「やだぁ~」って思いっきり拒否してました。(笑)

みなさんはいかがですか?
写真をたくさん撮りましたのでそれを見て判断してみてください!


201011_7.jpg

201011_8.jpg

201011_9.jpg

201011_10.jpg

投稿者 midori 14:47

2010年11月10日

温泉

こんにちは!マキです!


このkah nee tahリゾートはwarm springと呼ばれるところにあります。

そうなんです、温泉なんです。

プールがホテルエリアに一つ、それから私たちが宿泊したティピーのところにも一つあります。
両方とも温泉のお湯を使っているので一年中泳げるんです。

さらに砂漠地帯にありますので雨が降ることもめったにありません。

温泉と言っても残念ながら日本のようにお風呂という施設はまったくありませんが、それでも暖かいお湯のプールで遊ぶのはなかなか気持ちがいいものです。


201011_5.jpg


写真のように大きな滑り台もあって、さらにはジャグジーもありますから一日中遊んだり、のんびりリラックスできるプールです。

もしプールに飽きてしまったら、すぐ横にはパットパットゴルフ場や、子供のプレイエリア、さらにスパやカジノやゴルフ場まであって年齢を問わず楽しむことができるリゾートです。


201011_6.jpg


オレゴンに来る機会があればぜひ立ち寄ってみてください!少し長いドライブですが、道中の景色もきれいでリフレッシュできますよ!

投稿者 midori 14:25

 1  |  2  | All pages