トップページコスメ・化粧品アイテム一覧覧海外コスメブランド一覧香り一覧新入荷コスメお得なコスメコスメ特集掲載誌ブログ
> TOP > ブログ

2009年09月28日

またしてもやられた・・・

こんにちは。MIDORIです。

今月は何かにつけて災難続きだった私。今月も終われば新たな月とツキでいいことあるであろうと期待!・・・の、前に災難続きの私に追い討ちがかかりました。

この週末、久々にスガスガシイお天気と共にゆっくり始まった一日。

Officeでは私一人だけ。Officeの周りも人影も少なくのんびりと仕事をし、ランチは一人で外で食事。

夕方仕事を終え車に向かうと・・・車の窓割れてますけど?

正直何も思わなかったですね。ここまでくると。

踏んだり蹴ったりとはこのことです。

この窓ガラス割られる事件は、はっきり言って私の責任なんですけどね。

というのも、運転席の座席に空だけどカバンを掛けてたんです。

それで、シメシメと思ったであろう犯人がラッキーってなもんで窓割って中身をとろうとしたんでしょうね・・・

警察に届けても、探すわけもないので通報もせずに運転席の後ろの窓バリバリに割れてる状態で帰宅。

主人に報告すると、彼もまた、一言も口にせず二人でナイロン袋を窓に張る。

そして普段通りに食事をし、映画を見て普通に就寝。

もうここまで続くと、WHATEVER。。。。となるもんですね。

悪いことは3度続くといいますが、3度以上続くとカウントしなくなるから3度と言うのでしょうか??

慣れた場所や自分のテリトリー内にいるとついつい無用心になりがちですが、アメリカに限らずやはり
車を離れるときは必ず金目のものやカバンなどは隠さなきゃ駄目ですね。

高い授業料だと思って今回は反省することにします。ハイ。


投稿者 midori 19:24

2009年09月18日

やられた・・・

こんにちは。MIDORIです。

どこもかしこも不況不況と暗い話が多いですが、できるだけ笑って明るく過ごそうと努力しております。

そんな中、やっぱり削るものは削らなきゃというのが生き残る一つの方法ですよね?

美容関係を削るのは絶対イヤ!なのでもっと大きく削れるところを削ることに。

そう、家賃です。

そう決めた瞬間に1週間以内に安い家賃のアパートに引っ越しました。(笑)

アメリカで初めて借りたアパート、3年お世話になりました。アパートといっても、私たちが住んでいたのは
TOWNHOUSEといって二階建てのいわゆる一軒家が横にズラ~っと並んでる感じ。

ここの家賃が$915!といっても日本と比較すれば結構な広さでこの家賃??と驚かれますが・・・。

さて家賃の安いところといっても絶対譲れないものもあります。
私にとっては洗濯機と乾燥機

そして運良く、(とこの時点では思っていた)1BR、700SF$560のアパートを見つけました。
しかも同じ会社が経営してるとなると、色々と融通が効くであろうと期待して。

見つけた時がもう月末だったので、できるだけ早く引っ越そうと1週間以内に決行。

これでめちゃくちゃ節約するで~と幸せいっぱい。
が!!ところがドッコイ。

このアパート、住みだして1ヶ月もしないのに、何かにつけて請求してくる・・・

しかも、住んでみて初めて洗濯機がつぶれていることも発覚。しかも”直しました”と書かれた紙があるだけで
洗濯機は全く直ってないし・・・主人が結局直しました。

そのことでちょっと直談判!といきり立って言ってやると、1週間もしないうちに主人の車が牽引された・・・

そして$219の請求が・・。

なんじゃこれ?節約する予定が越したそのときから換算してすでに1500ドルを超えている!?

まだ1ヶ月すらたってないのに??

不信感満々でReviewサイトを見てみると”裁判にもってきます”とか、”ここに住まないほうが言い!”などなど。

しかも去年の豪雪時に全くここのオーナーが雪の除去をしなかったせい(散々何人もの人がリクエストしたらしい)で救急車が入れずに人一人亡くなっているようです・・・

OMG!!時すでに遅し。
6ヶ月のリースにもサインしてしまってる~今出たらまた請求される~。

前回のところでは何もなかったから、と安心してたけど、そりゃそうか?家賃高かったからなのね。

そして今では毎日次に何かしてこないかと心配しながら住まなきゃならない・・・

はい。私の責任です。ちゃんと最初に確認するべきでした。

でもでも、お客様は神様!というカスタマーサービスの国出身の私からしたら本当にアメリカという国には驚かされます。
お金を払ってこっちが不利になることが多すぎます。

今では、主人に”早く家買おう”と言うようになりました。ま、主人にとってはラッキーだったのかも??

こちらで住まれるときは前もってReviewを読んだり、BBBなどから会社の状況を把握してから越してくださいね。

住んでからだと本当に後悔しますよ~。

Midoriのアメリカアパート事情でした・・・

投稿者 midori 11:55

2009年09月07日

異常気象 Part2

こんにちは。MIDORIです。

さて、エアコンがうちにやってきてからというもの、暑くもないのに習慣でエアコンをつける主人。

それをこっそり消す私の追いかけごっこが毎日繰り広げられております

あの暑かった約1週間、突如として”夏”が”秋”にDrop。

40度を超えていたかと思うと”いきなり17度って!”という具合に気温が下がりました。

雨ももちろん降りました。ザ~っというようなオットコ前の夕立などではなく、ジメジメと梅雨のような雨。

この雨をきっかけに、朝の気温17度、昼23度。などと”えっと、8月・・・ですよね?”と空に聞きたくなる。

この肌寒い気温がここ1週間ほど続き、我が家にやってきたACは全く使われることがない状態。

電気代を考えれば有難いことですが、”言ったこっちゃない・・”と自分が正しかったことに満足。

先日は街でダウンジャケット着てる人見ました。(それは極端じゃ・・・)

そして、今日、NEWSを見てみると33度まであがるという・・・。

うれしいけど、いい加減安定してくれん?体調崩すわ!とイラつく。
そして週末にはまた25度前後までやんわりと落ちていくらしい。

”こんなん、夏ちゃう!”となんだか泣きたくなってしまう。

夏が一年のうちで一番好きな季節。こうUP&DOWNを繰り返されるとおちょくられてるようにも思えてくる。
(被害妄想?)

ただ、不況不況と騒ぐ中、あの突如として襲ったHEATパニックのおかげで、少し経済の足しになったのは確かでしょう。
エアコンが全店売り切れ、そしてもちろん、エアコンをつけるためのツール、もしくは業者。

そしてビールの売れ行きも上がったに違いない。

あの暑さの中、エアコンのない人たち、買う気のない人たちはホテルに宿泊したり、夜遅くまで開いてるお店や映画館に行って暑さをしのいでいたとか。

デパートのフードコートも儲かったに違いない。

なので異常気象もこの不況の中だと経済に貢献してると言えなくもないだろう・・と私論。

昨年の冬は大雪でタイヤやチェーンが山ほど売れたに違いなく、この夏はエアコン。

異常気象を考えれば怖いと思うけど、同時に消費が増えて経済の足しになるというのは興味深い。

ただ、ヒーター、エアコンの使用量が増えればまた環境問題につながっていく。

どうしたもんかね・・・

投稿者 midori 02:35