トップページコスメ・化粧品アイテム一覧覧海外コスメブランド一覧香り一覧新入荷コスメお得なコスメコスメ特集掲載誌ブログ
> TOP > ブログ

2009年04月26日

短い春の訪れ

こんにちは。Midoriです。

4月も下旬になると随分と暖かくなってきました。

この冬の寒さは異常だったので、春が来るのか・・・と心配しちゃいましたが、さすがにMather natureはよくご存知。

Portlandにも桜が咲きます。

sakura.jpg

桜が咲くと、日本が恋しくなる・・・多分在米の日本人はどこか物悲しくなるかも。

花の命は短いと言いますが、得に桜は短い気がしませんか?

最近暖かくなったとはいえ、雨の街Portland・・・。桜の開花と共に結構雨が降り、雹も降り・・・。

そして今は枝の部分のほうが多く見える状態になってます。

今日、友人と回転寿司にいったときにたまたま見かけた摩訶不思議な桜があったので思わず写真撮影。

sakura 2.jpg

一本の桜の木から白とピンクの桜の花が!! 一体どうなってんだ??と思いながらも空腹に負けて
その場を後に。

こういうのってあるんですかね?あるんですよね。次回その場所に行くとき再度じっくり見てみようと思います。

投稿者 midori 09:46

2009年04月19日

英語の絵文字

こんにちは。Midoriです。

日本では随分前から携帯でメールのやりとりが行われていましたが、
実はアメリカではようやく2年ほど前から、メジャーなコミュニケーションの方法として利用されるようになりました。

iphone2.jpg

日本では『メール』といいますが、こちらでは『Text』といいます。

携帯内にメールアドレスを作成するのではなく、電話番号にメッセージを送るというシステムです。

日本語でのメールのやりとりでは、携帯にすでに絵文字機能があって、感情を表現したり
文を長々書かなくてもある程度会話が出来ます。←これってすごく羨ましい!

英語では日本で使われている絵文字は使いません。

m( _ _ )m ←なんかはとっても日本バージョンのごめんなさい(笑)ですよね。

こちらでは、手をついて謝るということがないので、この表現はピンとこないはず。

スマイルマークは :-) その反対は :-( 他には ;-)や ;-o


またよく使われるのがLOL(Laugh out Loud=大声で笑うの略)
おもしろい話の返信でコメントするのが面倒なとき、これよく使います。LOL

他には
OMG!(Oh My God!の略) 
●明日→Tomorrow→TomもしくはTmrw     
●OK → K
●You → U
●Your → Ur
●Yours → Urs
●For → 4
●See → C
●At → @
などなど。

OK! See you at your place tomorrow が→ K! C u @ ur place tom
ってな感じになります。

ちょっとお下品な言葉だともっともっとあるんですが、ここでは言えません・・・
一つだけご紹介・・・
●Pain in the A○○ → Pita (難しい、面倒くさい、手間のかかるのお下品版)
    MF、WTHなども若者の間ではよく使われます。当ててみてくださいね~(LOL)


投稿者 midori 00:12

2009年04月14日

チップに関する豆知識

こんにちは。Midoriです。

皆さん海外旅行に行かれるとき、チップって気にしてますか?

ホテルの枕元に置くのは一般的とされてますよね。
その他ではレストラン、ポーターってとこでしょうか?

行く国によってもチップの制度は異なります。

アメリカはそうです、チップの国です。

restaurant-bill.jpg

働く側としてはチップを期待してるのは言うまでもないですが、
払う側になると時折”払いたくないな~”と思うことも多々。

渡米直後はチップってどこまであげたらいいの?と当惑しました。

また、チップがモチベーションとしてスタッフのやる気を奮いたたせているか・・・というとこれもクエスチョン。

なので、とことん態度の悪いウェイトレス+まずい食事の場合、私はちょこっとしかTIP渡しません。

サービスに対しての”ありがとう”の気持ちなら、そのサービスが悪ければ”なし”というのは
当然といえば当然。(でもちょっとは出しますけどね)

もらって当たり前。というのが定着してる感はものすごくあります。

日本ではチップ制度がなくてもサービス業では最高のサービスを提供することが当然だとされることを話すと
アメリカ人の友人は”日本ってすごいわね~”と感心してくれます。

アメリカではクレジットカードを使うことが多く、現金を持ち歩くことが少ないので、
支払い時にレシート上の金額にチップを記入して、その合計とサインをするとチップを支払ったことになります。

私はいつもカードのレシートにチップを記入していましたが
友人と食事にいったとき、彼女は食事代をカードで、チップはキャッシュで支払っていました。

理由を聞くと、ウェイトレス、ウェイターはチップをもらうことを前提にある程度の自給なので、
こうやってキャッシュのチップにしてあげると、その日に持って帰れるでしょ?という回答だった。

また、クレジットに載ってしまうと、税金を引かれるというのも大きな理由のようです。

なので、親切心をもってチップをあげるときはキャッシュが一番いいというのが彼女の常識らしい。

それ以降、私もできるだけチップはキャッシュで支払うようになりました。

受けたサービスによってどの程度チップを渡すか、吟味するのは少し楽しみでもあります。

また、ちょこちょこ利用するお店では、少し弾んでおくと再度訪れたときにいいサービスを受けれるという
ちょっぴりワイロ的な利用方法もなきにしもあらず・・・です。


投稿者 midori 11:56

 1  |  2  | All pages