トップページコスメ・化粧品アイテム一覧覧海外コスメブランド一覧香り一覧新入荷コスメお得なコスメコスメ特集掲載誌ブログ
> TOP > ブログ

2008年09月21日

話題のAlli体験

こんにちは。Midoriです。

アメリカ生活が長くなると同時に今までつかなかった場所に脂肪が付きだしたこのごろ。

BBQを食べる頻度も増え、なんだか胃腸も重い感じに・・・。ということで

ず~っと気になってたAlliを最近ようやく購入し、体験してみましたよ~。

日本でも結構話題になってるようですね。もう試されましたか?

Alliは脂肪燃焼を助けるというよりは取り過ぎた油を体が吸収しないように排泄するピル。

06-26-2007.NH_26alli2.G1P262FBE.1.jpg

購入したその日にBBQパーティがあったので食前30分前に一錠飲んでからハンバーガーを食べてみました。

翌日の朝 もうビックリでしたよ~。

色々と同様のサプリや薬を飲んだことがありますがAlliほど純粋にオイルを排泄するものはなかったですね~。

もちろん、体に必要なビタミンやミネラルも同時に排泄されてしまうようなので

このサプリを飲み続ける場合には意識的にビタミン剤などを摂取することが必要だそうです。

日本食だけではそこまでオイリーな食事ってなかなかないですが、日本も今や欧米食を取る機会が多いので
飲み会やBBQのときなんかには一躍買いそうです。

飲みだしてから1ヶ月ほどたちますが、やはり肉類のオイルが一番大量に排泄されますね。

なんだか観察(?)するのが楽しい毎日です。

痩せてきたか?というと運動不足の私なのでなんともですが、

あれだけのオイルを毎日胃腸に溜めてきたことを考えれば下腹部が少しすっきりしたようにも思えます。

痩せる、太るだけではなく、必要以上の油を体にストックするのは健康にとってもよくないこと。

なので、オイルを排泄するようになってから、なんとなく朝のけだるさがマシになったように感じます。

でも、飲むだけで痩せるわけではないので、その点は心に留めておかないといけないですね。

規則的な運動、健康的な食事を、共に心がけましょう!

私も今週からジムに通う予定で~す。

投稿者 midori 19:09

2008年09月15日

アメリカのビックリ医療費!!!

こんにちは。Midoriです!

残暑お見舞い申し上げます。
きっと日本の9月はまだまだ暑いのでしょうね。

こちらは朝晩と冷えてきましたよ~。
Portlandの夏は残りあと1ヶ月です。。。

さて朝晩冷え込んできたので風邪引きさんが続出です。
そういう私もその一人・・。

今回、友人が風邪を引いたおかげでちょっとしたカルチャーショック(?)があったので、お話したいと思います。

日本では医療保険制度がしっかりしてますが、アメリカでは医療保険に加入していない人がかなりの割合でいます。

というのも医療保険を必ずカバーしてくれるという企業とそうでない所があり、医療保険をカバーしてくれない場合自分で加入することになるんです。

カバーしてくれる会社であっても全額負担という会社を見つけるのは今のご時勢結構難しい様子。

医療保険はピンキリだけどもちろん掛け捨て。そして年齢によってウソみたいな割合で値段があがります。

医療保険がない状態でお医者さんにかかると(診察のみ)で最低100ドルはかかるそうです。

もちろん、薬代などは含まれず、日本の病院とは違ってその場で支払うのではなく、病院を後にして次の月かその次の月に請求書が郵送されてきます。

保険なしで救急に救急車で運び込まれたりなんかしたら、4~50万円ではすみません。

doll.jpg

もう封を開けるのにドキドキしちゃいますよね・・・。

悲しい話、友人は今回の風邪で抗生物質を飲まなきゃ治らないと言われ病院に行く費用がなく、ペットの抗生物質を呑んでいたそうです・・・(@_@;)

そして皆様、アメリカ旅行、短期間であってもやっぱり保険には加入することをお勧めします。

アメリカの医療は本当に高額です。

万が一のために楽しい旅行で医療費を払うはめにならないようにご注意を!

投稿者 midori 22:50 | コメント (2)

2008年09月08日

ホームシック・・・

こんにちわ。Midoriです。

日本はまだまだ暑いですか?

こちらはやんわりと涼しくなってきましたよ。朝はちょっと寒いくらいです。

私今ものすごく日本に帰りたい!です。とっぷりホームシックに浸ってます。(泣)

アメリカに住みだしてからもう2年半になりますが、未だに慣れないのが“カスタマーサービス”の質の悪さ・・・。

もちろんしっかりとした対応をする所も多いですが中にはビックリする対応をされることがあります。

アメリカに住んだことのある方は経験済みだと思いますが、最近のビックリ対応は大手運搬会社D。

ある日、留守電に3件も「アパート番号がわかりませんので宅配できません。これを聞いたら折り返し電話ください。この荷物の追跡番号は●●●●●・・・」と残してありました。

さっそく残された番号に電話をかけ、事情を説明すると・・・

「・・・・・。」まず、沈黙です。

私の英語がまずかったか?とドキドキしながら再度同じことを言ってみたら

「・・・・・・。What?」

むちゃ感じ悪いので無視して追跡番号を伝え、調べてくれと言うと

返事は「NO.」だけ。

もう、私は頭が真っ白になりましたよ!
あの有名な世界で一番短い手紙(?マークだけ書いて送ったってやつ)のカスタマーサービス版だ!

どんどんこっちも大人げなくなってきて「Noって何よ。何がNoなんよ!」と言うと

「No.The number is not good」

では私の名前で確かめてというと、それも出来ない、では住所で調べてというと、それもNO。

留守電に残した番号がそのシステムに乗ってないなんておかしいでしょ?というと

「もう一回よく留守電聞いて電話しなおして」で一方的に電話を切られてしまった。

素直に再度留守電を聞いて電話をしてみると、違う女性が電話に出たけど対応は全く同じ!!

この会社、これでよく成り立ってるわ!ともう腹立つより驚きです!

あんまりの対応に「マネージャー出して」と言わざるを得ない状況に。

そしたらようやく、対応が変わってちゃんと調べて折り返し掛けなおします。だって。

アパート番号を知らせるだけなのに、丸2日もかかっちゃいました。

友人や旦那曰く、とにかく埒があかないときは、すぐにマネージャー出せと言うべきらしいです。

日本に慣れてしまうとこういった馬鹿馬鹿しいことが理解できず、かなり疲れます・・・。

日本の大手会社のカスタマーサービスを見せてやりたい!

私のホームシックになる瞬間、それはリスペクトフルな人達に会いたい瞬間のようです。

投稿者 midori 03:59